2018年05月17日

2018.5.17 3年生

CA3K0860.jpg「ざしきわらし ―えほん遠野物語― 」
柳田国男/原作 京極夏彦/文 町田尚子/絵
(汐文社 2016)

ざしきわらしの住む家は栄え、去られた家は不幸に見舞われる…その有様が印象的に描かれる。
柳田国男の遠野物語をもとにした絵本。

(学校図書館に所蔵あり E-ま)

(下)
posted by ぶんこ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年05月14日

2018.5.14 4年生

CA3K0857.jpg「にぎやかなえのぐばこ ―カンディンスキーのうたう色たち―」
バーブ・ローゼンストック/文 メアリー・グランプレ/絵 なかがわ ちひろ/訳
(ほるぷ出版 2016)

ワーシャ少年は、えのぐをまぜたとき、シューッ!という音をききます。彼は色に音を、音に色を感じられるのでした。おとなになったワーシャは、音楽をきいたときにあふれでる色を絵にしたくて、画家になりました。そして、それまでだれも描いたことのない、新しい絵を生み出したのです。

抽象画の祖、ワシリー・カンディンスキーの物語。

(下)
posted by ぶんこ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年5月 4年生

DSC_0008.JPG「あたまをなくしたおとこ」
クレール・H・ビショップ 文
ロバート・マックロスキー 絵

(瑞雲舎2011年)

あるあさ、おとこが おきたら、あたまが なかった。
そうだ、まつりに いったんだ。
もういちど まつりに いって、あたまを さがすんだ。

さて、あたまは みつかるでしょうか。

(佐)
posted by ぶんこ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年05月11日

2018年5月1年生

DSC_0415.JPG「ハンダのびっくりプレゼント」
アイリーン・ブラウン:作
福本友美子:訳
(2006年 光村教育図書)
ハンダは、果物を7つ 友達のアケヨに届けにいくのですが…
(蔵書あり)
(石)
posted by ぶんこ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年05月08日

2018年5月8日 2年生

image1.jpeg『でんごんでーす』

文 マック・バーネット
絵 ジェン・カラーチー
訳 林 木 林

2015年 講談社

小学校所蔵あり Eカ

おかあさん の だいじな でんごん
とどくかな?
「ばんごはん だから かえって
おいで」
さあ、ピーターは ばんごはんに
まにあうでしょうか〜?

(太)
posted by ぶんこ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018.5.8 2年生

image1.jpeg

「どろぼうがっこう」
絵と文 かこ さとし
偕成社
1973.3〜
おいのこもり という、へんな なまえの もりに、きんとぎんの めをした へんな みみずくが すんでいました。‥
やま また やまの むらはずれに、どろぼうがっこうがありました。‥‥ (徳)


posted by ぶんこ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年02月19日

2018.2.19 4年生

CA3K0802.jpg「眠れなくなる宇宙のはなし (絵本)」
佐藤勝彦/作 長崎訓子/絵
(講談社 2016)

宇宙のほんとうのすがたとは?むかしの人は宇宙について、どう考えていたのかな?

天文学史と、科学の力で明らかになった宇宙のありさまとを、わかりやすく語る絵本です。これ1冊で、宇宙が丸わかり!!

この本は、宝島社から出ている大人向きの「眠れなくなる宇宙のはなし 増補改訂版」を元にしたものです。興味のあるかたはそちらもどうぞ。

(下)
posted by ぶんこ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年2月4年

DSC_0382.JPG「わたり鳥」フォトかみしばい

七尾純・構成/文
柿澤亮三・監修
(あかね書房 1993)
渡り鳥は何のために日本にやってくるのだろう?冬鳥と夏鳥では、目的はちがいます。その様子を見てみましょう。
(石)
posted by ぶんこ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年02月17日

2018.2.16 1年生

image2.jpeg
「さむがりやのねこ」
作、絵 わたなべ ゆういち
フレーベル館 *全国学校図書館協議会選定図書
発行 1984〜
さむがりやのねこ ねこがいました。
ふゆのきらいな ねこは、あるひ、みなみのくにへ むかって あるきだしました。‥ (徳)
posted by ぶんこ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年02月15日

2018.2.15 3年生

CA3K0801.jpg「しんぞうとひげ―アフリカの民話」
しまおか ゆみこ/再話 モハメッド・チャリンダ/絵
(ポプラ社 2015)

しんぞうとひげは、どちらもびんぼうで、いつもはらぺこ。
みずだけでなにもたべられずすごした21にちのあと、ばったりであったしんぞうを、ひげはくおうとします。びっくりしたしんぞうは、にんげんのおとこのからだのなかに、かくまってもらおうとしますが…

奇想天外なタンザニアの民話に、ティンガティンガアートと呼ばれる色鮮やかな絵がつけられています。タンザニアの動植物やキリマンジャロ山、身の回りの道具なども描きこまれていて、楽しめます。

(下)
posted by ぶんこ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年2月15日 3年生

image1.jpeg『雪の上のなぞのあしあと』

あべ 弘士 さく
1989年 福音館書店
かがくのとも傑作集

動物園の飼育員がある
ふゆの夜におこった、
ふしぎな事件の事を
ちょっとミステリアスタッチに
その出来事を話していくと、、、
なぞのあしあとの正体が!!

(太)
posted by ぶんこ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年02月13日

2018年2月13日 2年生

DSC_0780.JPG
「きこえる きこえる ふゆのおと」

マーガレット・ワイズ・ブラウン 作
チャールズ・G・ショー 絵
よしがみきょうた 訳

小峰書店 
1998年3月

木のはがかぜにちり、
ちょうちょうが さよならと とんでった、つめたいふゆ。
こいぬのマフィンは 耳を ぴんとたてました。

ふゆの音が きこえるかな?

(亀)

posted by ぶんこ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018.2.13 2年生

CA3K0798.jpg「チョウのふゆごし(かがくのとも 2018年2月号)」
井上大成/ぶん 松山円香/え
(福音館書店 2018)

春や夏には飛び回っているのが珍しくない、いろいろなチョウ。どうやって冬越しをしているのでしょうか?
実は、種類によって様々な姿で冬を越しているのです。中には、成虫のまま何も食べないで冬をやり過ごすものも。
この絵本を読むと、大人でもびっくりすること請け合いです。

(下)
posted by ぶんこ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年01月26日

2018.1.26 1年生

CA3K0778.jpg「ウィリーのそりのものがたり」
ダニイル・ハルムス/文 ウラジーミル・ラドゥンスキー/え たかはし けいすけ/訳
(セーラー出版 1996)

ウィリーのそりは、しゅるり しゅるるりとすべって、りょうしや きつねや うさぎや くまにまで どしーん!!ウィリーのそりは もうこりごり!

韻を踏んだリズミカルな文と、遠目のきく個性的な絵が、読み聞かせ向きです。

(学校図書館に所蔵あり E-ラ)

(下)
posted by ぶんこ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018.1.26 1年生

CA3K0781.jpg「読んであげたいおはなし 松谷みよ子の民話 上」より、
“それからのうさぎ”
松谷みよ子[著]
(筑摩書房 2002)

かけっこでかめに負けた例のうさぎ。うさぎ村へ帰ってきたら、みんなに村の恥だと追い出されてしまった。その負けうさぎが、意外な活躍をして…

3〜4分で語れる短いおはなしなので、覚えてやってみました。

  (下)
posted by ぶんこ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年01月23日

2018年1月23日 2年生

image1.jpeg『エイモスさんが かぜを ひくと』
フィリップ・C・ステッド 文
エリン・E・ステッド 絵
青山 南 訳

2010年光村教育図書株式会社

絵本作家のご夫婦の木版画とえんぴつで描かれている。
道具に日本の彫刻刀やばれんを使っている。

かんがえてばかりのゾウ
かけっこがとくいな カメ
はずかしがりやの ペンギン
いつも、はなをずるずるさせている
サイ
暗闇がこわい ミミズク

みんな、エイモスさんのおともだち

ある日のあさ、エイモスさんが、かぜをひきました。
動物園で待っているどうぶつたちは、、、。
(太)
posted by ぶんこ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年1月2年生

DSC_0376.JPG「ショーティーとねこ」
バーナディン・クック:文
小笠原まき:絵
小風さち:訳
(福音館書店 1999)
仲良しのねこが ある日 大きな箱の中に入ってしまい 一緒に遊んでくれません。ショーティーは とまどってしまいます。
(石)
posted by ぶんこ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年01月22日

2018.1.22 4年生

CA3K0745.jpg「ながいながい骨の旅」
松田素子/文 川上和生/絵 桜木晃彦・群馬県立自然史博物館/監修
(講談社 2017)

今から約43億年〜38億年ほど前、地球に誕生した初めての生物に、骨はありませんでした。やがて時がたち、背骨のある生物が現れ、骨のおかげでさまざまな能力を持つようになっていきます。
骨がたどってきた、ながいながい旅のおはなしを読んでみませんか?
興味を持った人には、より詳しい情報が得られるように工夫された科学絵本です。

(下)
posted by ぶんこ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年1月・4年生

DSC_0375.JPG「パンダ」
〜くらべてみよう!どうぶつの赤ちゃん
ますいみつこ:監修
(ポプラ社 2008)
パンダは中国の山奥に群れにならず 1とうで暮らしています。はるにオスとメスが少しの間だけ一緒に過ごします。子供が生まれたあとは、お母さんパンダがひとりで子育てをします。赤ちゃんパンダが独り立ちするまでのおはなし。
(石)
posted by ぶんこ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年01月19日

2018年1月 3年生

DSC_0018.JPG「おんちょろちょろ」日本民話
瀬田貞二 再話
梶山俊夫 画

(福音館書店1970年)

あるおとこのこが、みちにまよってやまのふもとにすむじいさんばあさんにとめてもらうことになりました。
こぞうのふりをしてよんだおきょうを、じいさんばあさんはありがたがってまいにちまいばんとなえておりました。
そこへ3人のどろぼうがやってきたのですが…。

(佐)
posted by ぶんこ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度