2018年12月03日

2018.12.3 4年生

CA3K09850001.jpg
「八方にらみねこ」
 武田英子/文 清水耕蔵/絵
 (講談社 1981)

小さなねこのみけは、
じさまばさまの大事なおかいこさまを、
ねずみからまもることもできない。
おくやまに住むやまねこさまに
八方にらみのじゅつを習って、ねずみを退治しようと、みけはこころをきめた。
やまねこさまのもとで、みけは長いことかかって、きびしい修行をする。
はたしてみけは、八方にらみができるようになるのか?

                        (下)


posted by ぶんこ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.12.3 4年生

IMG_20181203_164105.JPG
「しにがみさん」
 野村たかあき 作
 (教育画劇2004年)

おかねにこまったおとこが、
しにがみにいわれていしゃをはじめた。
おかねもちのむすめをげんきにしたのはよいが、
しにがみにあるところへつれていかれて……

                    (佐)


posted by ぶんこ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年11月22日

2018.11.22 3年生

20181122175719.jpg
「ものぐさトミー」
 ペーン・デュポア 文・絵
 松岡 亨子 訳
 (岩波書店1977年)

トミー・ナマケンボは、電機じかけの家にすんでいます。
起きるのも、歯をみがくのも、お風呂にはいるのも、
食事でさえ、自動の機械でおこないます。
ところがある日、ていでんになって……。

                     (佐)


posted by ぶんこ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.11.22 3年生

DSC_0572.JPG
「ゆっくりがいっぱい!」
 エリック・カール さく
 くどう なおこ やく
 ジェーン・グドール まえがき
 偕成社(2003.3)

ゆっくり のんびり おっとりと
きのえだ つたって ナマケモノくん
やってくる…

                         (亀)


posted by ぶんこ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年11月06日

2018.11.6 2年生

image1.jpeg
紙芝居 「たべられた やまんば」
 松谷みよ子 作
 二俣栄五郎 画
 童心社

山寺の小僧が栗を拾っていると、
おばあさんがでてきて、
今晩、あそびにこいと誘います。
それは山んばだから やめておけと、おしょうさんにとめられましたが、
どうしてもいってみたくなって、小僧は出かけました‥。

                         (徳)


posted by ぶんこ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年11月05日

2018.11.5 4年生

DSC_0461.JPG
「ま、いっか!」
 作 サトシン
 絵 ドーリー
 (えほんの杜 2015年5月)

めざましどけいの おとで、
テキトーさんは、めを さましました。
あれあれ?なぜ?
かいしゃは とっくに はじまっている
じかん。


テキトーさんのあるいちにち。
みんなで思い切り、わらってあきれちゃおう!

                   (かめ)


posted by ぶんこ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.11.5 4年生

1541380005393.jpg
「くろいはかげさ」ことばあそびのかい
 (文)多田ヒロシ
 (絵)さえら書房 1979年初版

「これはおひさま」
 谷川俊太郎(文)
 大橋歩(絵)
 福音館書店 1982年初版

『これはのみのぴこ』
 谷川俊太郎(作)
 和田誠(絵)
 サンリード1979初版

posted by ぶんこ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年11月02日

2018.11.2 1年生

CA3K09710001.jpg
「あしたのてんきは はれ? くもり? あめ?
  ―おてんき かんさつ えほん―
  (かがくのとも傑作集)」
 野坂勇作/さく
 根本順吉/監修
 (福音館書店 1993)

そらをみてごらん。
おひさまや くもや かぜのようすを
かんさつすると、
あしたのてんきがあてられるよ。

空を観察したくなる科学絵本です。巻末に解説もあり。

(学校図書館に所蔵あり E-の)

                   (下)

posted by ぶんこ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.11.2 1年生

DSC_0572.JPG
「11ぴきのねこ」
 馬場のぼる:作
 (こぐま社 1967年)

11ぴきの のらねこは いつも おなかがぺこぺこ。
おおきな さかなを さがしに でかけました。

                     (石)

posted by ぶんこ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年10月26日

20180.10.26 1年生

image2.jpeg
「まゆとおに」
 富安 陽子 文
 降矢 なな 絵
 福音館書店 1999.4.1〜

きたの おやまの てっぺんの
さんぼんすぎのしたに、
ちいさな いえがありました。
そのいえには、
のっぽのやまんばの むすめの まゆが
すんでいました‥‥。

                   (徳)

posted by ぶんこ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.10.26 1年生

DSC_0046~2.jpg
「のっぺらぼう」
 杉山 亮 作
 軽部 武宏 絵
 (ポプラ社2010年)

やまに たきぎをとりにいったおとこのこ。
ははおやとの やくそくを すっかりわすれ、
えりが おそくなってしまった。
あわてて やまを おりる、
そのとちゅうで であったのは……

                       (佐)

posted by ぶんこ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年10月24日

2018.10.24 3年生

CA3K09630001.jpg
「まちのコウモリ」
 中川雄三/写真・文
 伊治知英信/構成
 (ポプラ社 2007)

ぼくら、アブラコウモリ。
みんなのまちにもきっと、
ぼくらのなかまがすんでいるよ。

都会にも普通に住んでいるコウモリの、
生態が楽しくわかる写真絵本。

(学校図書館に所蔵あり 489-な)

                   (下)

posted by ぶんこ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.10.24 3年生

DSC_0557.JPG
「ちがうねん」
 ジョン・クラッセン:作
 長谷川義史:訳
 (クレヨンハウス 2012)
 蔵書あり

このぼうし ぼくのと ちがうねん。
とってきてん。
おっきな さかなから とってきてん。

                     (石)

posted by ぶんこ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年10月22日

2018.10.22 4年生

DSC_0397.JPG
「まどさんからの手紙  こどもたちへ」
 まど・みちお
 ささめやゆき/絵
 講談社(2014/3/20)

「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」「ふしぎなポケット」など、
たくさんの詩を届けてくれた まど・みちおさん。
1994年5月にふるさとの小学校のこどもたちに
送られた手紙です。

104歳まで生きられた、まど・みちおさんが
84歳の時に書かれました。

すばらしい「とき」を
いま、いきている
きみへー!

                         (亀田)

posted by ぶんこ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.10.22 4年生

KIMG0244.JPG
「たつのこたろう」
 松谷みよ子(文) 
 朝倉摂(絵)
 講談社2010年8月24日

                     (わ)

posted by ぶんこ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年10月16日

2018.10.16 2年生

KIMG0241.JPG
「ともだちや」
 偕成社1998年
 蔵書あり
 内田麟太郎作
 降矢なな絵

キツネがともだちやをはじめました。
ところが商売はなかなか難しいものでした。

                    (わ)

posted by ぶんこ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.10.16 2年生

DSC_0552.JPG
「みつけてん」
 (クレヨンハウス 2016)
 蔵書あり
 ジョン・クラッセン:作
 長谷川義史:訳

二人連れの亀が帽子を見つけました。
でも、帽子は ひとつだけ…

                      (石)

posted by ぶんこ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年09月18日

2018.9.18 2年生

_20180918_190553.JPG
「おじいちゃんの ごくらく ごくらく」
 西本鶏介/作
 長谷川義史/絵
 すずき出版(2006.2)

ぼくは おじいちゃんが だいすき。
おじいちゃんは おふろに つかるとき、くちぐせみたいに
「ごくらく ごくらく」といいます。
「ごくらくって なに?」ってたずねたら
「しあわせな きもちに なることだよ」と おしえてくれました。

この絵本を読んだら、きみもおふろに入った時に
「ごくらく ごくらく」と言ってみて!

                           (亀)

posted by ぶんこ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018.9.18 2年生

CA3K09480001.jpg
「ぞくぞく ぞぞぞ きゅーはくの絵本D 化物絵巻」
 九州国立博物館/企画・原案
 (フレーベル館 2007)

ばけものたちの おとがする すー さや さや さや…

17世紀の狩野派の絵師、狩野宗信が描いた
「化物絵巻」(九州国立博物館所蔵)の絵を使って
作った絵本。
原作は動物の化け物が次々に出てくる、
ストーリーも言葉もない絵巻物ですが、
擬音を入れて組み直されて、
子どもたちも楽しめる絵本になりました。
巻末に解説と、インタビュー「水木しげる、化物絵巻を語る」つき。

きゅーはくの絵本シリーズは全部で10巻、
どれも博物館の所蔵品をもとに作られた、楽しくて興味深いものです。
図書館の書架では埋もれがちなので、ぜひ紹介してあげて下さい。

(学校図書館に所蔵あり E−か)

                        (下)

posted by ぶんこ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度

2018年09月13日

2018.9.13 3年生

DSC_0515.JPG
「コンビニエンス・ドロンパ」
 富安陽子:文
 つちだのぶこ:絵
 (童心社 2008)

おとわやまの、イロハもみじの きのしたの、
コンビニエンス・ドロンパ。
あなたの ごらいてんを、おまちしています。

                      (石)

posted by ぶんこ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018(H30)年度