2020年02月25日

2020年2月2年生

DSC_0972.JPG「11ぴきのねことあほうどり」
馬場のぼる・作
(こぐま社 1972年)
11ぴきのねこが コロッケのみせを はじめました。そこに あほうどりがやってきました…
(石)
posted by ぶんこ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020年02月20日

2020.2.20 3年生

IMG_0891.jpg「日本の笑いばなし (沼田曜一の親子劇場)」
 沼田曜一/文 佐藤やゑ子/絵
 (あすなろ書房 1995)
 より、
  ”うそばなし千両“

面白い話を聴くのが大好きな金持ちのおばあさんは、話し上手の彦八に話をせがむ。
彦八は、話の途中でおばあさんが、「嘘じゃろう」と言って興を削いだら、千両箱を貰うという約束で、話を始めるが…

語って楽しい、昔話の再話集から。

             (下)
posted by ぶんこ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020年2月 3年生

IMG_20181203_164105.JPG「しにがみさん」
野村たかあき 作


(教育画劇2004年)

おかねにこまったおとこが、しにがみにいわれていしゃをはじめた。
おかねもちのむすめをげんきにしたのはよいが、しにがみにつれていかれたところは……

(佐)
posted by ぶんこ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020年02月14日

2月14日 1年生

image0.jpeg


「わすれもの」
 作 豊福まきこ
 BL出版 
 2017年3月〜
 大きな公園のベンチに、ポツンと置き去り にされたひつじのぬいぐるみ。
それは小さな「わすれもの」でした。
ひつじはカラスに突かれたり、ベンチから転げ落ちたりしながらもむかえが来てくれると信じています。けれどあたりが暗くなり、夜になると雨も降ってきて‥。       (徳)
posted by ぶんこ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020.2.14 1年生読み聞かせ

KIMG0691.JPG『オオカミのひみつ』
 ぶん きむらゆういち
 え  田島征三
 (偕成社 2003年)
「おう!おれのすごさをみせてやる。」
ズンッとあしをふみだしてオオカミはハッとしました。
posted by ぶんこ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020年02月10日

2020.2.10 4年生

IMG_0849.JPG「セコイア 世界で いちばん 高い木のはなし」
 ジェイソン チン/作 萩原 信介/

 (福音館書店 2011)

駅のベンチで少年が見つけたのは、世界一高い木であるセコイアについての本だった。
地下鉄を降りて地上へ出ると、なんとそこはセコイアの森の中で…

文章の部分はセコイアについての過不足のない情報を、絵のほうは少年の不思議な冒険を、一度に楽しめる面白い構成になっています。
単なる科学絵本でないところが魅力で、読み聞かせると結構長いのですが、子どもたちの興味を引くことができます。

(下)
posted by ぶんこ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020.2.10 4年生

KIMG0689.JPG『こぶたがずんずん』
渡辺一枝:文
長 新太:絵
(あすなろ書房 1989)

 こぶたは まわりみちをしようとしないのです。
ずんずんずんと すすんでいきます。
posted by ぶんこ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020年01月31日

2020.1.31 1年生

DSC_0949.JPG
「十二支の新年会」
 みきつきみ・文
 柳原良平・画
 (こぐま社 2012)

十二支を 楽しいリズムのある言葉で紹介しています

                       (石)

posted by ぶんこ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020年01月28日

2020.1.28 2年生

DSC_0950.JPG
「とりになったきょうりゅうのはなし」
 大島英太郎・作
 (福音館書店 2019)

恐竜は、完全に絶滅してしまったのではなく
一部は鳥に進化し 現在も存在しています。

鳥類の恐竜起源説のはなし

                      (石)

posted by ぶんこ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020.1.28 2年生

KIMG0666.JPG
「おにたのぼうし」
 文 あまんきみこ
 絵 いわさきちひろ 
 ポプラ社 1969年

節分の夜の物語。
「おにだって、いろいろあるのに」寒さと、おにたの気持ちと。
沁みます。
                    (わ)
posted by ぶんこ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020年01月27日

2020.1.27 4年生

image0.jpeg
「雪の写真家 ベントレー」
 ジャクリーン・ブリッグズ・マーティン/作
 メアリー・マゼマリアン/絵
 千葉茂樹/訳
 BL出版/1999年

家族の愛情に見守られながら、
ひたむきに雪の結晶の写真に
生涯を捧げた、伝記絵本。

美しくぬくもりを感じる版画にも
絵本の作者の雪への愛情が感じる一冊です。

小学校所蔵あり
                 (太)
posted by ぶんこ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020.1.27 4年生

_20200127_135838.JPG
「ちゅうごくの 十二支のものがたり」
 甲骨もじ おうよう かりょう
 お話   せき とみこ
 構成   みかみ まさこ
  JULA出版社(2009年12月)

甲骨文字は3000年以上前に
中国で使われていた古代文字。
この文字を使ってみんながよく知っている
「十二支のものがたり」の絵本で
表現されていますよ!
ページに広がる文字、
それぞれ何を表しているかな?
手にとって昔の文字から想像してみて!
               (亀)
posted by ぶんこ at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020年01月24日

2020.1.24 1年生

IMG_20200124_174325.JPG
「もしもこぶたにホットケーキをあげると」
 ローラ・ジョフィ・ニューメイフ 文
 フェリシア・ボンド 絵
 青山南 訳
 (岩波書店1999年)

もしもこぶたにホットケーキをあげると、
シロップもほしい、ときっという。
すると、からだがべとべとしてきて、
おふろにはいりたがる。
すると、、
すると、、
さて、最後はどうなるでしょう?

                      (佐)
posted by ぶんこ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020年01月16日

2020.1.16 3年生

IMG_0817.JPG
「ふゆとみずのまほう こおり」
 片平 孝/写真・文
 (ポプラ社 2019)

ふゆのさむさが みずにまほうをかけた!

冬の自然の中で水が見せる変化。
氷の内部にできる、不思議な模様アイスフラワーや、
川でできた氷が海に流れて、
海水にみがかれたジュエリーアイスなど、
見たことのない、美しい氷がたくさん撮られています。
               (下)
posted by ぶんこ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2020.1.16 3年生

IMG_20200116_143951.JPG
「かえるをのんだととさん」
 日野十成 再話
 斎藤隆夫 絵
 (福音館書店2004年)

あるひ ととさんの はらが
いたくなったんだって。
おてらの おしょうさんは
「はらのなかに むしがおるせいじゃ。
かえるを のむと いいぞ。」といったんだと。
かえるをのみこんだら、こんどは かえるがはらのなかをぺたらくたら
あるくのがきもちわるくて たまらん。
また おしょうさんが いうことには、、、

                    (佐)
posted by ぶんこ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年12月24日

2019.12.24 2年生

image1.jpeg
紙芝居「どんぐりとやまねこ」
 宮沢賢治  原作
 渡辺有一  画
 1996〜   童心社

いちろうのところにきた葉書は、
やまねこからのものです。
めんどうな裁判をするので、
きてくださいというのです。
山道をのぼると‥
                (徳)
posted by ぶんこ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.12.24 2年生

IMG_0800.JPG
「重力って……」
 ジェイソン・チン/作
 竹内 薫/訳
 (偕成社 2017)

重力がないと みーんな ういてっちゃう
ちきゅうも たいようから はなれていっちゃう…
でもだいじょうぶ どんなものにも 重力があるから…

子どもたちが重力を理解するのにうってつけの科学絵本。
わかりやすいだけでなく、企みのある絵がとても楽しい!

(学校図書館に所蔵あり E-チ)
                     (下)
posted by ぶんこ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年12月06日

2019.12.6 1年生

_20191206_131429.JPG
「パンケーキをたべるサイ なんていない?」
 ぶん アンナ・ケンプ
 え  サラ・オギルヴィー
 やく かどの えいこ
 BL出版(2011年12月)

ねえ、おかあさんやおとうさんが、
ちっともはなしをきいてくれない、
って おもったこと ない?
ある?それなら、デイジーとおなじね。

これは、そんなデイジーのおはなしです。
                            (かめ)
posted by ぶんこ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.12.6 1年生

DSC_0873.JPG
「たのしい ふゆごもり」
 片山令子:作
 片山健:絵
 (福音館書店 1991)

熊の親子は、木の実や魚を取って
冬ごもりの準備をします。
 (蔵書あり)
                       (石)
posted by ぶんこ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年12月05日

2019.12.5 3年生

_20191205_133225.JPG
「ありがたいこってす!」 〜ユダヤの民話から〜
 さく マーゴット・ツェマック
 やく わたなべ しげお
 童話館出版 (1994年11月)

むかし ある小さな村に まずしい不幸な男が、
母親と おかみさんと 6にんのこどもたちと
いっしょに、ひとへやしかない 小さな家に
すんでいた。
家の中があんまりせまいので、
男とおかみさんは いいあらそいばかり。
冬になると、ひるまはさむいし 夜はながいし、
くらしは ますます みじめになった。そこで男は…

はたして、どうするのか!?
                        (亀)
posted by ぶんこ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度