2019年09月27日

2019.9.27 1年生

_20190927_184457.JPG
「どうぶつマンションにようこそ」
 二宮由紀子/文
 高畠 純/絵
 文研出版 (2017年11月)

このマンションには、
いろんなどうぶつたちが すんでいるよ!
1階には「う」。2階には「かば」。3階には「こあら」…
あれれ?
もじの数と住んでる階数がおんなじ️
このマンション、15階まであるよ…

おまけに、それぞれの階にすんでいるどうぶつたちが、
あいうえお作文で自己しょうかい️

なんともたのしい、ことばあそびの絵本です。

                    (亀)
posted by ぶんこ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年09月19日

2019.9.19 3年生

IMG_0660.jpg
「日本民話選」 より “みそ買い橋”
 木下 順二/作
 (岩波書店 1990)

むかし、飛騨の国は乗鞍岳の麓の村に、
長吉という正直な炭やきがいた。
ある晩、高山の町の、みそ買い橋の上に立っていると、
きっといいことがある、と教えられる夢をみる。
長吉はさっそく、その通りにしてみるが、
なにごともおこらない。
ずっと立ち続けて5日目のくれがた、
橋のたもとの豆腐屋のおやじがそばへ寄ってきて言うには…

木下順二の再話による民話を語りで。

(学校図書館に所蔵あり E-き)

                          (下)
posted by ぶんこ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.9.19 3年生

IMG_0649.JPG
「はしをつくる」
 ライアン・アン・ハンター/文
 エドワード・ミラー/絵
 青山 南/訳
 (ほるぷ出版 2013)

橋は、いろいろな材料で、
様々な形につくられています。
この本を読めば、橋の起こりや種類、
構造がよくわかります。

                         (下)
posted by ぶんこ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.9.19 3年生

20181122175719.jpg
「ものぐさトミー」
 ペーン・デュポア 文・絵
 松岡 亨子 訳
 (岩波書店1977年)

トミー・ナマケンボは、電機じかけの家にすんでいます。
起きるのも、歯をみがくのも、お風呂にはいるのも、
食事でさえ、自動の機械でおこないます。
ところがある日、停電になって……。

                      (佐)
posted by ぶんこ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年09月03日

2019.9.3 2年生

IMG_0628.JPG
「ゆらゆらチンアナゴ」
 横塚眞己人/写真
 江口絵理/文
 (ほるぷ出版 2014)

砂の中から細長い体を縦に出して、
流れてくるプランクトンを食べて暮らす不思議な魚、
チンアナゴ。

水族館の人気者のこの魚について、
いろいろわかる楽しい写真絵本。

                     (下)
posted by ぶんこ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.9.3 2年生

image1.jpeg
『むらの英雄』
 わたなべ しげお /文
 なしむら しげお/文
 瑞雲舎 2013 発行

むらの12人の男達が粉をひいてもらうために、
町へ行った帰り道
1人の男がいなくなった!

勘違いから起こる愉快なお話。

                       (太)
posted by ぶんこ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年07月19日

2019.7.19 1年生

image1.jpeg
「どろんこ こぶた」
 アーノルド・ローベル 作
 岸田 衿子 役
 文化出版局 1971 11〜

こぶたは おひゃくしょうさんの うちの、
ぶたごやに すんでいました。
こぶたは たべるのが だいすき、
うらにわを かけまわるのも だいすき、
ねむる ことも だいすきでした。

でも なによりも なによりも すきなのは
・・・・
                       (徳)
posted by ぶんこ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.7.19 1年生

IMG_20190719_135408.JPG
「なつのいちにち」
 はたこうしろう 作
 (偕成社 2004年)

きょうは ぜったい つかまえる。
ぼくが ひとりで つかまえる。
まってろよ!
でっかい クワガタムシ。

この絵本のなかに あなたの
なつのおとは きこえますか。

                        (佐)

posted by ぶんこ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年07月16日

2019.7.16 2年生

DSC_0776.JPG
「お化けの真夏日」
 川端誠:作
 (BL出版 2001年)
 蔵書あり

お化けは どんな夏を過ごしているのでしょうか?

                   (石)

posted by ぶんこ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.7.16 2年生

_20190716_125347.JPG
「かとりせんこう」
 田島征三 作
 福音館書店(2009.7)

夏が近づくと、
どこからともなくあらわれる「か」。
ぷーーーんとみみもとにひびくだけで
かゆくなりますね。
むかしから、
つかわれている「かよけ」のひとつ、
「かとりせんこう」を知ってる?
みどりいろで、ぐるぐるうずをまいていて、
火をつけると けむりがでてくる…。

けむりが もんもん
かがぽとん

さて、どんなおはなしでしょう?

                        (かめ)

posted by ぶんこ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年07月08日

2019.7.8 4年生

image1.jpeg
「てんしき」
 川端誠 作/絵
 (KADOKAWA2019)

ある日、「てんしきはあるか?」と
医者にたずねられた和尚が、
思わず知ったかぶりしてしまいう、
悲劇と喜劇の落語絵本。

                      (太)

posted by ぶんこ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.7.8 4年生

DSC_0771.JPG
「かまきりとしましまあおむし」
 澤口たまみ・文
 降矢なな・絵
 (農文協 2014)

かまきりの住みかのニンジンの花に
しましまあおむしがやってきて…

                      (石)

posted by ぶんこ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年07月04日

2019.7.4 3年生

image1.jpeg
「ウェン王子とトラ」
 チェン.ジャンホン 作/絵
 平岡 敦 訳
 2007年 徳間書店
 小学校所蔵あり Eね

人間を憎みながら、
小さく弱いものを愛する気持ちを
忘れなかった母トラと、
強く心優しい少年に育ち、
人と獣の世界を結ぶ存在となる
王子ウェンの姿を描く、
心ゆさぶる迫力の大型絵本。

                       (太)

posted by ぶんこ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.7.4 3年生

IMG_0590.jpg
「じいさまときつね」
(日本民話かみしばい選・おばけがいっぱい)
 増田尚子/脚本
 二俣英五郎/絵
 (童心社 1982)

いたずら好きのじいさまは、
峠の一本松のそばで、
のんびり昼寝をしていたきつねを
おどかして面白がる。
ところが用事がすんだ帰りに、
またその峠を通りかかると、
まだ明るい時間のはずなのに、
あたりがみるみる暗くなって…

狐や狸に悪さをして、仕返しに化かされるという民話がもとになっています。
怖いシーンもあって、子どもたちに喜ばれます。

                         (下)

posted by ぶんこ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年06月25日

2019.6.25 4・5組

IMG_0562.jpg
「あし にょきにょき」
 深見春夫/作・絵
 (岩崎書店 1980)

ポコおじさんは、ふしぎなおとこから、
みたこともないほど大きなそらまめをかいました。
たべたら、とてもおいしいそらまめだったのですが、
ひだりあしがどんどんのびはじめてしまいます。
あしは、もりをぬけ、はしをわたり、
まちまでのびつづけて…

(学校図書館に所蔵あり E-ふ)

                             (下)

posted by ぶんこ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.6.25 4・5組

DSC_0764.JPG
「ぞうくんのあめふりさんぽ」
 なかのひろたか:さく・え
 (福音館書店 2006年)

きょうは雨ふり ぞうくんは
ごきげん ぞうくんは さんぽにでかけます

                        (石)

posted by ぶんこ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.6.25 2年生

IMG_0566.JPG
「のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト」
 三輪一雄/作・絵
 (偕成社 2006)

大昔に生きていたアンモナイト。
実は、今も深海で生き続けている
オウムガイから進化したものだったのです。
進化したアンモナイトは絶滅したのに、
オウムガイの方は今も生きているのはなぜ?

たいへん不思議な関係の、
オウムガイとアンモナイトについて、
楽しくわかる科学絵本です。

                         (下)

posted by ぶんこ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.6.25 2年生

DSC_0764.JPG
「ぞうくんのあめふりさんぽ」
 なかのひろたか:さく・え
 (福音館書店 2006年)

きょうは雨ふり ぞうくんは ごきげん
ぞうくんは さんぽにでかけます

                      (石)

posted by ぶんこ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019年06月17日

2019.6.17 4年生

image1.jpeg
「うし」
 内田麟太郎/詩
 高畑純/絵

いきなり登場する牛の後ろ姿。
うしがふりかったら、うしがいた。

くりかえす言葉が楽しいナンセンス絵本。

                       (太)

posted by ぶんこ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度

2019.6.17 4年生

DSC_0008.JPG
「あたまをなくしたおとこ」
 クレール・H・ビショップ 文
 ロバート・マックロスキー 絵
 (瑞雲舎2011年)

あるあさ、おとこが おきたら、
あたまが なかった。
そうだ、まつりに いったんだ。
もういちど まつりに いって、あたまを さがすんだ。

さて、あたまは みつかるでしょうか。

                      (佐)

posted by ぶんこ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2019(H31/R1)年度