2005年03月10日

2005.3 1〜4年生スペシャル


▼よいさっさ
▼わらべうた
▼「これはのみのぴこ」
▼「一寸法師」 松谷みよ子版

   ナレーション ・・・ 竹
   女       ・・・ 竹、和
   一寸法師  ・・・ 徳(人形)、下(声)
   姫       ・・・ 佐
   大臣     ・・・ 金
   鬼       ・・・ 和、阿
   音楽     ・・・ 石

 <3、4年生:3月8日、1,2年生:3月10日>
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2005年02月24日

2005.2 2年生

「はじめまして ねこのジンジャー」
 シャーロットヴォーク 作  小島希里 訳


やせっぽちこねこはテレサという女の子と出会い
なかよくなっていく。
名前も「ジンジャー」ってつけてもらった。
「わたしのうちにすまない?」と言われて
ジンジャーはついていくけれど・・・。
                                 (徳)


「11ぴきのねこ ふくろのなか」
 馬場のぼる 作


11ぴきのねこが えんそくに行きました。
いろんなたてふだが立っていて でもそんなの守らな〜い!
ところが ふくろの中にはいったとたん
ウヒアハという怪物がやって来て・・・。
                                 (佐)


「はなくそ」
 アラン・メッツ 作  ふしみみさお 訳  パロル舎


ジュールとジュリーは まいあさ いっしょに
森をぬけて 学校に行きます。
ある日 もりのおくで おおきなおおかみにつかまって
しまいました!
                                 (和)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2005年02月23日

2005.2 1年生

「みどりの目」
 エイブ・バーンバウム 作・絵  ほしかわなつよ 訳


ぼくのなまえはみどりの目。
もうすぐぼくのたんじょうび。
そうしたら、ぼく1さいになるんだ。
美しい四季の中、成長していく子ねこの話。
                                 (石)


「11ぴきのねこ ふくろのなか」
 馬場のぼる 作


11ぴきのねこが えんそくに行きました。
いろんなたてふだが立っていて でもそんなの守らな〜い!
ところが ふくろの中にはいったとたん
ウヒアハという怪物がやって来て・・・。
                                 (佐)


「おはいんなさい えりまきに」
 角野栄子 作  牧野鈴子 絵


おてんきのいいひ
りっちゃんは とんだりはねたりしてあそびます。
かぜのひ・・・ ゆきのひ・・・ あめのひ
りっちゃんは えりまきをあみます。
せっせこ、せっせこ、あみます。
すっごく ながい えりまきが できあがりました!!
さて さんぽにでかけた りっちゃんは。
                                 (徳)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2005年02月18日

2005.2 3年生

「ダチョウだってとびたいんだ!」
 ケン・ブラウン 文・絵  たなかまや 訳


ある朝、ダチョウは疑問に思う。「なんで、ぼくは飛べないんだろう?」
すずめは言った。「本気で飛ぼうとしていないだけさ。」
そんなダチョウが本気で空を飛ぼうとする話。
なんど失敗してもくじけないダチョウはエライ!!
                                 (和)


「どろんこぶた」
 アーノルド・ローベル 作  岸田衿子 訳


やわらか〜いどろんこのなかにすわるのが大好きなこぶた。
ある日、おひゃくしょうのおばさんが、ぶた小屋も大掃除して
どろんこがなくなっちゃった。
こぶたは怒って家出した!
                                 (金)


「げんきかい? アルビナ」
 アントネラ・ボリゲール=サベリ 作  ともちかゆりえ 訳


おじいさんから動物を買ってもらえる日
今日がそのまちにまった約束の日
ピエリノはまよわずちいさなひよこを・・・。
自由の喜び、独立心、愛のほんとうのあり方を
しみじみと語りかける本。
                                 (徳)


「ともだち」
 谷川俊太郎 文  和田誠 絵


ともだちとけんかしてうちへかえった
こころのなかが どろでいっぱい そんなきがした
ともだちも おなじきもちかな
                                 (徳)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年10月14日

2004.10 2年生


「注文の多い料理店」
 宮沢賢治 作

もりでふたりの紳士が道にまよってしまいました。
ふと、うしろを見ると西洋料理店がありました。
『山猫軒』 それがこの店の名前です。
                                 (竹・和)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004.10 3年生


「きつねのホイティ」
 シビル・ウェッタシンハ作 まつおかきょうこ訳  福音館書店

スリランカの小さな村に くいしんぼうぎつねのホイティアがあらわれました。
村の元気なおかみさん アンゴウ・マンゴウ・ランゴウは きつねと知りつつおもてなし。
うまく人間になりきったつもりのホイティは うれしくなって 歌いだす・・・。
ところが・・・。
                                  (松)



「となりのまじょのマジョンナさん」
 ノーマン・ブリッドウェル作 長野ヒデ子絵  偕成社

うちの隣にまじょのマジョンナさんが住んでいます。
マジョンナさんは近所の人を美しいおうじさまとおひめさまにしてしまいました。
私たちも「おひめさまにしてちょうだい!」ってお願いしました。
でも、マジョンナさんは・・・。
                                (石)



「メアリー・スミス」
 アンドレア・ユーレン作 千葉茂樹訳

月曜日の朝 よあけを待たずに家を出て町へいそぐメアリー・スミス。
ゴムのチューブに 豆をこめ ふいてとばす その仕事とは・・・?
                                (佐)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年10月13日

2004.10 1年生


「ももいろのきりん」
 中川季枝子作 中川宗弥絵  福音館書店

(先月の続き)
キリカはるること約束をすると 窓から首を出したままねむりました。
朝になると大変なことがおこっていました。さて・・・。
                                (徳)



「となりのまじょのマジョンナさん」
 ノーマン・ブリッドウェル作 長野ヒデ子絵

うちの隣にまじょのマジョンナさんが住んでいます。
マジョンナさんは近所の人を美しいおうじさまとおひめさまにしてしまいました。
私たちも「おひめさまにしてちょうだい!」ってお願いしました。
でも、マジョンナさんは・・・。
                                (石)



「わにがめんどりをたべないわけ」(紙芝居)
 アフリカの民話

ある日、おなかのすいたワニが川からあたりを見回すとめんどりがやってきました。
ワニがめんどりを食べようとすると
「わたしのおにいさん、どうぞ食べないで」と言われてしまいました。
ワニはなぜおにいさん・・・・と呼ばれたのでしょう。
                                (金)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年10月04日

2004.10 4年生


「ねこだけどライオン」
 リンダ・ヴォルフスグルーバー作 いずみちほこ訳  セーラー出版

たいくつな毎日をおくるかいねこレオ。
ある日 町の大型ポスターに見たライオンの姿。
そこで ライオンになる事にしてみたが・・・。
                                  (松)



「しにがみさん」
 野村たかあき作  教育画劇

お金に困った男が しにがみの仕事をすることに・・・。
医者をやって どんどんお金持ちになっていくが 自分の命とひきかえにしてしまう・・・。
ろうそくが人の命だというしにがみ・・・。
男のいのちは・・・。
                                  (佐)



「てんにのぼったなまず」
 たじまゆきひこ作  福音館書店

うみべの村に絵の好きなおじいがすんでいた。
このむらに 地震が起こった。
子ども達も元気をなくし・・・。
おじいは子ども達のために絵をかいた。
ふんどしにかいた”なまず”の絵。
そのなまずが・・・・。
                                  (徳)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年09月17日

2004.9 3年生


「ソメコとオニ」
 斉藤隆介作 滝平二郎絵  岩崎書店

遊ぶことが大好きなソメコがある日オニにさらわれた・・・。
ソメコがいなくなって大さわぎをしてソメコを探していると一枚の手紙が届いた。
滝平二郎さんの美しい絵も楽しめます。
                              (和)


しにがみさん
 野村たかあき作  教育画劇

えどのまちの男がしにがみのすすめで、いしやをやることになった。
ついには、金に目がくらんで、自分の命とひきかえに・・・。
ろうそくが寿命だというしにがみだが、男のろうそくは短くなって・・・。
                              (金)



ふたをとったらびんのなか
 大西ひろみ作・絵  ブックローン出版

こうえんのすなばで ねこのタマが何かみつけた。ガラスびんだ。
ブランコの上においたら たいようの光でキラキラひかる。
何かあるよ。 何か動いてるよ。 ふたをとったら わあっ
すいこまれていく。
                              (佐)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年09月16日

2004.9 2年生


「おかえし」
 村山桂子作・織茂恭子絵  福音館書店

あるひ、たぬきのいえのとなりへきつねが引っ越してきました。
きつねは、たぬきのうちへ引越しのあいさつの品物を持ってきました。
たぬきは、きつねに「おかえしのおかえし」を持っていきました。
それでは・・・ときつねは「おかえしのおかえしのおかえし」を持っていきました。
さて、最後はどうなったでしょう。
                               (和)



「たんじょうびのふしぎなてがみ」
 エリック・カール作 もりひさし訳  偕成社

明日はチムの誕生日。
チムはまくらの下からなぞの手紙を見つけました。
暗号のなぞをといていくと・・・。
                               (佐)



「しにがみさん」
 野村たかあき作  教育画劇

しにがみに仕事をもらって医者になった男
とうとう金に目がくらんで自分の命とひきかえに・・・。
ろうそくの火が寿命だという死神
なんと男のろうそくは短くて・・・
                               (石)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年09月13日

2004.9 4年生


「カッパのぬけがら」
 なかがわちひろ作  論理社

ゲンタはカッパのあみにかかってしまった。
カッパからぬけがらもらって カッパになった。
ひとりぼっちだったカッパは、仲間ができ とても喜んだ。
ゲンタもカッパ生活が楽しかった・・・・・  が。
                       (竹・松)
posted by ぶんこ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年09月01日

2004.9 1年生


「ももいろのきりん」
 中川季枝子作 中川宗弥絵  福音館書店

るるこは おかあさんから とても大きいももいろのかみをもらい
きりんのきりかのできあがり!
せかい一きれいなも もいろのきりんと るるこのドキドキワクワクする話。
                             (徳)



「わたし」
 谷川俊太郎文 長 新太絵  かがくのとも

わたし・・・。
おとこのこからみると おんなのこ。
赤ちゃんからみると お姉ちゃん。
お母さんからみると 娘のみちこ。
おばあちゃんからみると・・・。
                             (松)



「けんかのきもち」
 柴田愛子文 伊藤秀男絵  ポプラ社

「あそび島」には先生もいて まいにちたくさんの子どもたちが
あそんでいます。
ある日 たいとこうたは けんかをしました。
けんかにまけた たいは 泣きました。
うちにかえって おかあさんにくっついて泣きました。
泣きたい気持ちは なくなりません。
                             (和)
posted by ぶんこ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年07月08日

2004.7 2年生


「どろんこ こぶた」
 アーノルド・ローベル作 岸田衿子訳


どろんこの中にしずみ込むのが大好きなこぶた。
ある日、こぶたのかいぬしのおばさんが、こぶたの大好きなどろんこをかたづけちゃった!
もーっっ!! こぶたは、おこったぞー!
                                 (金)



「きんぎょのかいすいよく」
 高部晴市作


フーちゃんは、きんぎょのあかさんをつれて海の家に行きました。
ザブザブバチャバチョ、ユーラユラユラ
およいでおよいで、あそんであそんで
あたしもあかさんも・・・ まっくろになりました。
                                 (石)



「めっきら もっきら どおんどん」
 長谷川摂子作 ふりやなな絵 福音館書店こどものとも


あそぶ友だちがだれもいない。
かんたは、大声でめちゃくちゃのうたをうたった。
♪にんがらぴこたこめっきらもっきらどおんどん♪
すると、へんてこりんな三人組が現われて・・・
                                 (松)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年07月07日

2004.7 1年生


「めっきら もっきら どおん どん」
 長谷川摂子作 ふりやなな絵 福音館書店こどものとも


あそぶ友だちがだれもいない。
かんたは、大声でめちゃくちゃのうたをうたった。
♪にんがらぴこたこめっきらもっきらどおんどん♪
すると、へんてこりんな三人組が現われて・・・
                                 (松)




「かあちゃんのせんたくキック」
 平田昌広作 井上洋介絵 文化出版局


うちのせんたくきやテレビやドライヤーやいろんなものが動かなくなると
かあちゃんのキックやチョップがさくれつする
でも、とおちゃんには・・・
                                 (佐)




「かあさんになった あーちゃん」
 ねじめ正一作 長野ヒデ子絵 偕成社


かあさんの鏡の前で、かあさんみたいにお化粧したら
かあさん気分になったあーちゃん。
じてんしゃ きこきこして、ほんとうのあーちゃんを探しにでかけます。
                                 (徳)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年07月05日

2004.7 4年生


「ふれふれ なんだあめ こんなあめ」


                                 (和)



「はちうえは ぼくにまかせて」
 シーン・シオン作 マーガレット・グレアム絵 ペンギン社


ぼくは夏休みに近所の人たちのはちうえを預かることにした。
家の中ではちうえはどんどん育ってジャングルみたいになった。
夏休みが終わる頃には、初めおもしろくなさそうだったおとおさんが・・・
                                 (佐)



「おおかみのともだち」
 田島征三作


”ひとりがいちばんきらくでいい”と思っているおおかみ。
そこへあらわれた大きなクマ。
なれなれしく話しかけてくるクマにちょっと驚いて・・・。
友達になれるかな?
                                 (徳)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年06月25日

2004.6 3年生


「オオカミのともだち」
 きむらゆいち作 田島征三絵 偕成社


”ひとりのほうが気楽でいい。ともだち? なんだがめんどうだな。” そんなオオカミです。
でも、そのオオカミのまえに おかしなやつがあらわれました。
さて、どんなやつなのでしょう。
                                 (徳)



「こいぬがうまれるよ」
 ジョアンナ・コール作 ジェローム・ウェクスラー絵 つぼいいくみ訳 福音館書店


いいこと教えてあげようか? おとなりの犬に、赤ちゃんがうまれるの。
一匹わたしがもらうんだ!
犬がうまれるところから、二ヶ月がたって少女にひきとられるまでを
少女の目線での表現と写真でつづられています。
                                 (和)



「じろきちおおかみ」
 矢玉四郎作・絵 岩崎書店


おおかみのじろきちはある日、山の中で小さな女の子を拾った。
連れ帰って食うつもりだったのだ。しかし、牛のまんさくとっつあんは言った。
「もう少し大きくしてから食った方がたくさん食えるぞ」
それからというもの、じろきちはせっせと女の子の世話をした。そして3年がたった・・・。
                                 (竹)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年06月24日

2004.6 2年生


「オリバーくん」
 ロバート・クラウス作 J・アルエゴ、A・デュウェイ絵 はせがわしろう訳


パパとママは、オリバーくんに医者や弁護士、役者さんになって欲しい・・・。
でも、大人になったオリバーくんはなにになったかと言うと・・・。

  (とてもカラフルで優しい絵の一冊です)
                                 (金)



「ふれふれ なんだあめ こんなあめ」
 梅田俊作作 梅田圭子絵


きょうもまたあめ。かさをひらくと、あ、ほねが一本おれている。
あーあ、おきにいりのかさなのに・・・。
いじめっこにからかわれ、大きな犬にとびつかれ、三人の高校生におしのけられても
がんばって歩いていたのに、やおやさんのトラックがバッシャーン! あたし・・・。
                                 (和)



「ねぇ、どれがいい?」
 ジョン・バーニンガム作 まつかわまゆみ訳


もしもだよ、きみんちのまわりが変わるとしたら、大水と、大雪と、ジャングルと、
ねえ、どれがいい? ねえ、どれがいい?
お城で食事、気球で朝ご飯、川でおやつ・・・。
                                 (松)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年06月16日

2004.6 1年生


「もりのなか」
 マリー・ホール・エッツ作・絵 まさきるりこ訳


ぼくは、紙のぼうしをかぶり、新しいラッパをもち、森へ散歩に出かけました。
すると・・・。動物たちのたのしいひととき。
                                 (松)



「かえるのレストラン」
 松岡節作 いもとようこ絵


あるあめの日、かたつむりくんはおおごえをあげています。
「あーあーあー レストランがない。」
かたつむりくん、どうしたのかな?
うずまきパンって、どんなパン?
雨の日の友達がいっぱいでてくるよ。
                                 (徳)



「ふれふれ なんだあめ こんなあめ」
 梅田俊作作 梅田圭子絵


きょうもまたあめ。かさをひらくと、あ、ほねが一本おれている。
あーあ、おきにいりのかさなのに・・・。
いじめっこにからかわれ、大きな犬にとびつかれ、三人の高校生におしのけられても
がんばって歩いていたのに、やおやさんのトラックがバッシャーン! あたし・・・。
                                 (和)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年06月14日

2004.6 4年生


「じろきちおおかみ」
 矢玉四郎作・絵 岩崎書店


おおかみのじろきちはある日、山の中で小さな女の子を拾った。
連れ帰って食うつもりだったのだ。しかし、牛のまんさくとっつあんは言った。
「もう少し大きくしてから食った方がたくさん食えるぞ」
それからというもの、じろきちはせっせと女の子の世話をした。そして3年がたった・・・。
                                 (竹)



「探偵ものの本の紹介」


「きえた犬のえ」      シャーマット 大日本図書
「こちらマガーク探偵団」  ヒルディック あかね書房
「ぬすまれたダイヤのなぞ」 アドラー   国土社
「もしかしたら名探偵」   杉山 亮   偕成社
「ムジナ探偵団」      富安 陽子  童心社
                                 (石)



「オオカミクン」
 グレゴワール・ソロタレフ作 ほりうちもみこ訳


あるところに、おおかみをいちども見たことのないウサギと、
うさぎをいちども見たことのないちいさなおおかみがいました。
いろんなことを教えあっていたのに、ある日あんまりおおかみがこわかったので
うさぎは穴ににげこんでしまって・・・
                                 (金)
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度

2004年05月10日

2004.5 1〜4年生


1年生


■紙皿シアター
■はじめてのおつかい
■あめふりぞうくんのさんぽ
■ぴょんたのたからもの    



2年生


■ちいさなあおいさかな
■そらいろのたね
■ハロルドのぼうけん



3年生


■ねずみのすもう
■かあさんになったあーちゃん
■オオカミくん



4年生


■ふしぎなたけのこ
■あくまのりんご
■じむと豆の木
posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004(H16)年度