2009年11月20日

2009.11.20 4年生

091121_1200~01.JPG
「あるひ あひるが あるいていると」
(あいうえおパラダイスシリーズ・あ)
 二宮由紀子・作 高畠純・絵
 (理論社 2007)

おなじ文字で始まるコトバばかりで作られた、
たのしいお話が5つ入った本!
たとえば「うれしくなった ウシ」は、「ウシはウシに生まれて
うれしくはない。
ウシはウサギに生まれてもうれしくはなかったし、ウナギに生まれても
うれしくはなかったけれど、ウマに生まれてたならうんとうんと
うれしかったはずだ。…」
というぐあいに、ずっと頭韻踏みっ放しで話が進みます。
このシリーズは、1巻に5話×9冊、46文字について、
おなじ書き方でストーリーが展開しています。すごいですね。
                           (下)

posted by ぶんこ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009年11月17日

2009.11.17 2年生

41HH54F8AHL._SL500_AA240_.jpg
「くまくん」
 二宮由紀子・文 あべ弘士・絵
 (ひかりのくに 2004)

くまくんがさかだちをしてかんがえたこと。
「あれ?もしかして、ぼく、いま、
さかさまになってるから “くま” じゃなくて
“まく” なんじゃない?」。
“まくくん”のところに、りすくん、とらくん、
かばくんがやってきて、さかだちしてみました。
え?やまあらしくん??
さかだちしたら、どうなるのかしら?
                          (鈴)

posted by ぶんこ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009.11.17 2年生

200911170949000.jpg
「てぶくろくろすけ」
 川崎洋:作 長新太:絵
 (福音館書店 1973年)

てぶくろくろすけは、夜中にこっそり家を抜け出し、
てぶくろこども公園にやってきました。
でも、片一方ひとりぼっちでやってきたてぶくろくろすけは、
仲間に入る事ができません。
                          (石)

posted by ぶんこ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009年11月16日

2009.11.16 3年生

「干し柿」
 西村豊 写真・文
 (あかね書房2006年)

干し柿を知っていますか?自然と人とが作り出した甘くておいしい食べ物です。
でも、もともとはとっても渋い柿だったのです。
どうやって甘くするのでしょうか。
                           (佐)



posted by ぶんこ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009年11月12日

2009.11.12 1年生

091112_1030~01.JPG
「はなのあなのはなし」(かがくのとも傑作集)
 やぎゅうげんいちろう さく・え
 (福音館書店 1982)

はなのあなってなんのためにあるのかな?この本をみれば、
はなのあなのやくめがよくわかるよ。
わらいながらよめます。
(図書室にあり。E-や)
                          (下)

posted by ぶんこ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009.11.12 1年生

2009111601050000.jpg
「まゆとおに」
 富安陽子 作  降矢なな 絵
 (福音館書店 こどものとも傑作集 1999.4)

きたの おやまの てっぺんのさんぼんすぎのしたに、
ちいさな いえがありました。
そのいえには、のっぽのやまんばとやまんばの むすめの
まゆが すんでいました。・・・
                           (徳)

posted by ぶんこ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009年10月23日

2009.10.23 4年生

091023_1621~01.JPG
「しゃっくりがいこつ」
 マージェリー・カイラー作 S・D・シンドラー絵
 黒宮純子訳
 (セーラー出版 2004)

がいこつの おめざめです。しゃっくりが でていました。
ヒック、ヒック!いきをとめても、さとうをたべても、
ゆびでめだまをおさえても、とまりません。
そのとき、ともだちのおばけがいいことをおもいつきました。
さあ、しゃっくりはとまるでしょうか?
                            (下)
posted by ぶんこ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009.10.23 4年生

091023_1620~01.JPG
「パンプキン」
 ケン・ロビンズ写真&文 千葉茂樹訳
 (BL出版 2007)

空気はひんやりすずしくなって、大地はおち葉で色とりどり。
そんな季節になると、あちらこちらでみかけるのがパンプキン!
畑に種がまかれた春から取り入れの秋までを追い、
畑で選んできたパンプキンで作られたおばけランタンが
ハロウィンのパレードをいろどるのを描いた、
ノンフィクション写真絵本。
                            (下)
posted by ぶんこ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009.10.23 4年生

200910230950000.jpg
「ハロウィンナー」
 デーヴ・ビルキー:作 金原瑞人:訳
 (アスラン書房)

胴長で足の短い茶色の犬オスカーは、いつもみんなから
「ウィンナー」とからかわれています。
でもハロウィンの夜、オスカーは大活躍をするのです!
                            (石)


 
posted by ぶんこ at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009年10月20日

2009.10.20 2年生

200910230950000.jpg
「ハロウィンナー」
 デーヴ・ビルキー:作 金原瑞人:訳
 (アスラン書房)

胴長で足の短い茶色の犬オスカーは、いつもみんなから
「ウィンナー」とからかわれています。
でもハロウィンの夜、オスカーは大活躍をするのです!
                           (石)


 
posted by ぶんこ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009.10.20 2年生

51FPJFRPF0L._SL500_AA240_.jpg
「つきよのくじら」
 戸田和代・作 沢田としき・絵
 (すずき出版 1999)

「とうさんは すごい くじらだった。」
月夜に かあさんくじらから聞いたその話を、
くじらのぼうやは いつまでもわすれませんでした。
大きくなったくじらは、ひろいひろい海へ、
憧れのとうさんくじらを探す旅に出ました。
                           (鈴)
posted by ぶんこ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009年10月15日

2009.10.15 1年生

61EQ7J6M0YL._SL500_AA240_.jpg
「いえでだ ブヒブヒ」
 柳生まち子 絵・文
 (福音館書店 1997)

いつもおかあさんに怒られてばかりの こぶたの
ブウとトンとヤンは家出をすることにしました。
「ぼくたち、ここのうちのこになっても いい?」と
ウサギやワニやカラスの家に行きますが、
こぶたくんたち いい家は見つかるかしら。
                          (鈴)
posted by ぶんこ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009.10.15 1年生

091023_1621~01.JPG
「しゃっくりがいこつ」
 マージェリー・カイラー作 S・D・シンドラー絵
 黒宮純子訳
 (セーラー出版 2004)

がいこつの おめざめです。しゃっくりが でていました。
ヒック、ヒック!いきをとめても、さとうをたべても、
ゆびでめだまをおさえても、とまりません。そのとき、ともだちのおばけがいいことをおもいつきました。
さあ、しゃっくりはとまるでしょうか?
                           (下)
posted by ぶんこ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009年10月14日

2009.10.14 3年生

51FPJFRPF0L._SL500_AA240_.jpg
「つきよのくじら」
 戸田和代・作 沢田としき・絵
 (すずき出版 1999)

「とうさんは すごい くじらだった。」
月夜に かあさんくじらから聞いたその話を、
くじらのぼうやはいつまでもわすれませんでした。
大きくなったくじらは、ひろいひろい海へ、
憧れのとうさんくじらを探す旅に出ました。
                          (鈴)
posted by ぶんこ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009.10.14 3年生

2009101517220000.jpg
「ともだちをたすけたゾウたち」
 作 わしおとしこ 絵 遠山繁年
 (教育画板 2002.5.15初版)

たまどうぶつこうえんにすむゾウのアヌーラが、
びょうきになりました。
よこになることもできず、どんどんよわっていきます。
そのときアヌーラをたすけたのは、
なかまの2とうのゾウたちでした。

本当にあった動物の話しに感動します。
posted by ぶんこ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009年09月18日

2009.9.18 4年生

200909180837000.jpg
「ママ、ママ、おなかがいたいよ」
 レイミー・シャーリップ バートン・サプリー:作
 つぼいいくみ:訳
 (福音館 1981)

おなかがパンパンに膨れた坊やが
「ママ、おなかがいたいよ」と言って…
坊やのおなかから、何が出てきたでしょう。
                           (石)


posted by ぶんこ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009.9.18 4年生

090918_1024~01.jpg
「ぱっくんおおかみとおばけたち」
作.絵 木村泰子
(ポプラ社 1978)

あめの ふる くらいゆうぐれに ぱっくんおおかみは
ふしぎなあおいひかりを みた。
「おかしいな、こんな あめの日に だれかが
おおぜい あつまっている..。」
「.....。」
「はっ!」
ペカン!
                          (わ)

posted by ぶんこ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009年09月17日

2009.9.17 1年生

「どろぼうがっこう」
 かこさとし作
 (偕成社 1973)

まぬけな校長先生とまぬけな生徒たちの、世にもおかしな
どろぼう学校のお話。
ある真夜中、みんなは遠足に出掛け、町一番の大きな建物に
しのびこみました。
が、なんとそこは・・。
                           (佐)



2009091809580000.jpg
「たべれたやまんば 」
作 松谷みよ子  絵 二俣英五郎
(童心社 1984)

むかしむかし、山のおてらに、
おしょうさんとこぞうがすんでいました。
ある日、こぞうが山へくりひろいにいくと・・・
                        (徳)

posted by ぶんこ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009年09月14日

2009.9.14 2年生

61EQ7J6M0YL_SL500_AA240_.jpg
「いえでだ ブヒブヒ」
柳生まち子 絵・文
(福音館書店 1997)


いつもおかあさんに怒られてばかりの
こぶたの ブウとトンとヤンは
家出をすることにしました。
「ぼくたち、ここのうちのこになっても いい?」と
ウサギやワニやカラスの家に行きますが、
こぶたくんたち
いい家は見つかるかしら。
                        (鈴)

posted by ぶんこ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度

2009.9.14 2年生

200909191116000.jpg
「まゆとブカブカブー」(こどものとも)
富安陽子・文 降矢なな・絵
(福音館 2001)

まゆが散歩に出かけると、いたちも のうさぎも
からすもブカブカブーの事を怖がっています。
ブカブカブーって、
いったいどんなヤツなんでしょう?
                      (石)

posted by ぶんこ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009(H21)年度