2008年09月09日

2008.9.9 1年生

「またよくばりすぎたねこ」
 さとうわきこ:作
 (PHP研究所 1983)

ねずみにかじられたぼうしを利用して、ねこは森に行き、
じっとぼうしをかぶって待ちました。
やがて ぼうしの巣箱に1羽の鳥が……。
「よくばりすぎたねこ」の続編です。
                        (竹)


「トマトさん」
 田中清代:作
 (福音館書店 2002)

あるなつの ひるさがり
まっかに うれた トマトさんが
トマトのきから、どったとおちた。
                        (鈴)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年09月05日

2008.9.5 3年生

「だいくとおにろく」
 松居直:再話 赤羽末吉:絵
 (福音館書店 1962)

流れのはやい川に 橋をかけることになった大工の前に
おにがあらわれた。
おには 大工のかわりに橋をかけてやるかわりに
目玉をよこせと言うが…
                    (石)


「ぜつぼうの濁点」
 原田宗典:作 柚木沙弥郎:絵
 (教育画劇 2006)

「昔あるところに 言葉の国がありまして
 その真ん中におだやかな ひらがなの国がありました…」
主の不幸は自分のせいではないかと思い悩んだ
「ぜつぼう」の濁点が自ら捨てられて
「きぼう」の濁点になるまでのおはなし 
                    (下)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年09月03日

2008.9.3 2年生

「めっきらもっきらどおんどおん」
 長谷川摂子:文 ふりやなな:絵
 (福音館書店 1985)

あそぶともだちがいないかんたは 神社に行った。
神社に行っても誰もいないので、
かんたは めちゃくちゃな歌をうたった。
「ちんぷく まんぷく……」
するとーーーーーーーーー
                      (金)


「たべられたやまんば」
 紙芝居 松谷みよ子:文 二俣英五郎:絵
 (童心社 1984)

山寺の小僧が栗をひろっていると、
おばあさんが出てきて「今晩あそびにこい」と誘います。
それは山んばだからやめておけと、
おしょうさんにとめられましたが、
そうしても行ってみたくなって小僧は出かけました。
                      (徳)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年07月11日

2008.7.11 3年生

「さんざんまたせてごめんなさい」
 スズキコージ:作 
 (ブックキング 2006)
                  (和詠・下)


「たまねぎあたまのたまねぎこぞう」
 二宮由紀子:文 スズキコージ:絵
 (ポプラ社 2002)

たまねぎあたまの たまねぎこぞうが
みちをあるいていたら、
まどから たまごあたまの たまごこぞうが
やってくるのがみえた… とおもったら、
ただの たまごだった!
さて そのつきは?
                      (下)


「ウエズレーの国」
 ポール・フライシュマン:作
 (あすなろ書房 1999)

夏休みの自由研究
ウエズレーは、じぶんだけの作物をそだてて、
じぶんだけの文明をつくろうと ひらめいた!
ウェズランディア ―――――― ウェズレーの国という意味。
                      (和詠)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年07月09日

2008.7.9 2年生

「王さまと九人のきょうだい」・中国の民話
 君島久子:訳 赤羽末吉:絵
 (岩波書店 1969)

あるところに 九人のきょうだいがいました。
王さまの無理難題に どうやってたちむかうのか…
                       (佐)


「瓜子姫っこ」
 鈴木サツ:語り 飯野和好:絵 川崎洋:監修
 (瑞雲舎 2005)

岩手県遠野の語り部による「瓜子姫っこ」。
瓜から生まれたおんなのこと あまのじゃくの昔話。
                       (金)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年07月08日

2008.7.8 1年生

「いたずらこねこ」
 バーナディン・クック:文 レミイ・シャーリップ:絵
 まさきるりこ:訳
 (福音館書店 1964)

あるところに かめがいました。
このかめは おおきなかめでは ありませんでした。
そして このこねこは とてもいたずらな こねこでした。

生まれて初めて見る物に興味津々と立ち向かうねこのお話
                      (徳)


「ひつじのコートはどこいった」
 きたむらさとし:作
 (評論社 1995)

あるあさのこと。
ひつじのヒューが くさをたべていると、
ともだちのジョジーナがやってきていいました。
「ねえ、うみにいかない?」

3匹がしっかりじゅんびたいそうして
うみへとみこもうとしたとき
しんせつなおおかみが コートをあずかってくれると
いいました。
                       (鈴)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年07月07日

208.7.7 4年生

< ブックトーク >
「いのちのおはなし」
 日野原重明:文 村上康成:絵
 (講談社 2007)

「がっこうのうた」
 ねじめ正一:文 いとうひろし:絵
 (偕成社 2004)

「びりっかすの神さま」
 岡田淳:作
 (偕成社 1988)

「クマと仙人」
 ジョン・ヨーマン:作 クエンティン・ブレイク:絵
 渡辺茂男・鉄太:訳
 (のら書店 1991)

「教室はまちがうところだ」
 蒔田晋司:文 長谷川知子:絵
 (子どもの未来社 2004)

                        (石)          
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年06月25日

2008.6.25 2年生

「もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう」
 土屋富士夫:作 
 (徳間書店 2000)

ひでくんは そわそわ もぞもぞ。
おしっこがしたくて デパートにとびこみましたが、
そこのトイレは…。
                        (佐)


「たいこたたきのパチャリントくん」
 スズキコージ:作
 (福音館書店)
                        (和詠)


「けんかのきもち」
 柴田愛子:文 伊藤秀男:絵
 (ポプラ社 2001)

たいと こうたは、大の仲良し。
なのに、いつもけんかをしている。
きょうもとっくみあいのけんか…。
こうたに負けた。
くやしい…、くやしい…。
大声で泣いた。泣いても泣いても、気持ちは収まらない。
すると 愛子先生が
「ぎょうざを作ったよ。一緒に食べようよ」と、
うちにやってきた。
「行くもんか!行くもんか!」……
さて、どうなるかなあ。
                       (竹)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年06月13日

2008.6.13 3年生

「かえるの平家ものがたり」
 日野十成:文 斉藤隆夫:絵 
 (福音館書店 2002)

げんじぬまの なつのあさ
かえるのこどもの あそびごえ
うたをうたって じゃんけんぽん
せんねんすぎのしたにすむ
しわだらけの おじいさん…
                    (和純)


「どろぼうがっこう」
 かこさとし:作
 (偕成社 1973)

まぬけな校長先生と まぬけな生徒たちの
世にもおかしな どろぼう学校のおはなしです。
ある夜中のこと、みんなはぬきあし さしあし…
遠足にでかけ町では一番大きな建物にしのびこみました。
が、そこはなんと刑務所。
思わず おかしさがこみ上げてくる、ゆかいなお話です。
                    (徳)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年06月09日

2008.6.9 4年生

「あげたおはなし」
 中山千夏:文 安西水丸:絵
 (自由国民社 2005)

たいくつだから あげた
りょうてを あげた
ぐいぐい あげて のびをした
それからね
はらぺこだから あげた…
                     (和詠)


「ぜつぼうの濁点」
 原田宗典:作 柚木沙弥郎:絵
 (教育画劇 2006)

「昔あるところに 言葉の国がありまして
 その真ん中におだやかな ひらがなの国がありました…」
主の不幸は自分のせいではないかと思い悩んだ
「ぜつぼう」の濁点が自ら捨てられて
「きぼう」の濁点になるまでのおはなし 
                     (下)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年06月03日

2008.6.3 1年生

「あめがふるひに・・・」
 イ・ヘリ:作 ピョン・キジャ:訳 
 (くもん出版 2005)

こんな あめがふるひ チーターは なにをしているかな
かさを しっかり つかんでいるよ、とばされないようにね。
                       (下)


「くまのコールテンくん」
 ドン・フリーマン:作 
 (偕成社 1975)

おもちゃうりばの くまのコールテンくんが
夜のデパートで とれたぼたん探しの冒険をし
リサの家でいっしょにくらすことになるおはなし
                       (鈴)


「いぬとねこ」
 ソ・ジョンオ:再話 シン・ミンジェ:絵
 おおたけきよみ:訳 
 (光村図書 2007)

あばあさんは いぬとねこをかっていました。
かわべをさんぽしていると、りょうしがすっぽんを
つかまえているのにであいました。
あばあさんがたすけたすっぽんは
りゅうおうのむすこだったのです。
おれいにりゅうぐうにまねかれ、なんでもねがいのかなう玉を
おみやげにもらいます。
よくばりばあさんにぬすまれた玉をいぬとねこは
とりかえしにむかいます。
                       (下)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年05月28日

2008.5.28 2年生

「はろるどのふしぎなぼうけん」
 クロケット・ジョンソン:作 岸田衿子:訳
 (文化出版社 1971)
はろるどは むらさきいろのくれよんで絵を書きはじめた。
はろるどは 自分が書いた絵の中でぼうけんをはじめます。
                     (金)


「11ぴきのねこ ふくろのなか」
 馬場のぼる:作 
 (こぐま社 1985) 
11ぴきのねこが遠足にでかけました。
あちこちに かんばんが立っていて…
ウヒアハとの戦いはどうなることやら…
                     (佐)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年05月13日

2008.5.13 1年生 

「おじぞうさん」
 田島征三 
 (福音館書店 1981) 
おうめばあさん、まごのじろっぺのねしょんべん
なおりますように、とおじぞうさんに がんかけた。
おそなえもののだいふくもちに おじぞうさんが
たらしたよだれこ ふんずけて
のらいぬがすべったら さあ たいへん!
                      (下)
       
「かあさんになった あーちゃん」
 ねじめ正一:作 長野ヒデ子:絵
 (偕成社 1997) 
かあさんの鏡のまえで かあさんみたいなお化粧したら
かあさんきぶんになったあーちゃん
じてんしゃ きこきこして
ほんとうのあーちゃんを探しにでかけます。
                      (徳)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年05月12日

2008.5.12 4年生

「そのつもり」
 荒井良二:作 
 (講談社 1997)

ここは森のなかです。
森のなまえは “そのつ森”。
そのつ森では 森の広場をどんなふうに使えばよいか 
話し合う会議が開かれました。
さて、広場はどんな風に使われたでしょうか。
                       (石)


「だいじょうぶ だいじょうぶ」(紙芝居)
 いとうひろし:作 
 (講談社 1995)

おじいちゃんと おさんぽすれば いろんなことに
出会います。
おまじないのように おじいちゃんが つぶやく
「だいじょうぶ だいじょうぶ」
その言葉をきいて 僕は大きくなりました。
                       (佐)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度

2008年05月09日

2008.5.9 3年生

「どうぶつにふくをきせてはいけません」
 ジュディ・パレット:文 ロン・バレット:画
 ふしみみさお:訳 
 (朔北社 2005)

どうぶつにふくをきせてはいけません。
なぜなら…
やまあらしは とんでもないことになるし
らくだは のせるばしょをまちがえるし…
                     (下)


「いつもちこくのおとこのこ」
 ジョン・バーニンガム:作 谷川俊太郎:訳
 (あかね書房 1988)

ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー
おべんきょうしに みちをいそぐ
でもワニがマンホールから出てきて
かみついてきたり

ライオンがしげみから出てきたりで
ちこくしてしまいます。

ばつとして せんせいに
「もう ワニのうそはつきません
 てぶくろもなくしません」
と300回かかされますが…
                     (下)


「じろきちおおかみ」
 矢玉四郎:作 
 (岩崎書店 1985)

とうげのみちで じろきちおおかみは
ちいさなおんなの子をひろった。
つれてかえって すぐにたべようとすると、
うしのまんさくとっつぁんは、
3年もそだてれば ばいにはなる、という。
じろきちはせっせと おんなの子をそだてるが…
                     (竹)
posted by ぶんこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008(H20)年度