2010年12月15日

2010.12.15 3年生

091121_1200~01.JPG
「あるひ あひるが あるいていると」
二宮由紀子・作 高畠純・絵
(理論社 2007)

同じ文字で始まることばだけで作られたお話が1巻に
5つずつ入った、あいうえおパラダイスシリーズの
最初の一冊。
例えば「う」は、「うれしくなったウシ」。
「ウシはウシに生まれてうれしくはない。
 ウシはウサギに生まれてもうれしくはなかったし、
 ウナギに生まれてもうれしくはなかったけれど…」
という具合にお話が進みます。
第9巻「らったらったらくだのらっぱ」まで出ています。
(第1巻のみ学校図書館に所蔵あり。913-に)
                       (下)

posted by ぶんこ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010年12月07日

2010.12.7 1年生

images.jpeg
「おふろだいすき」
松岡 亨子・作 林 明子・絵
(福音館書店 1982)

ぼく おふろ大好き。
いつもあひるのプッカといっしょに入るんだ。
今日もプッカといっしょに入っていたら、
おふろの底から、カメが出てきた!!
さらにペンギン、オットセイ、カバ、クジラまで
出てきて…。
みんなでいっしょに おふろにつかって、50まで数えたよ。

今すぐ おふろに入りたくなっちゃう、温か〜い絵本です。
                    (鈴)

posted by ぶんこ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010.12.7 1年生

2010120711140000.jpg
「クリスマスのちいさなほし」
 オリガ・ヤクトーヴィチ:作 松谷さやか:訳
 福音館書店.1999

クリスマスツリーのてっぺんに飾られたガラスの星が
割れてしまい、ツリーの飾り達は、夜空の星に
ツリーの星になってくれるように頼みに行ったのですが…
                       (石)

posted by ぶんこ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010年11月18日

2010.11.18 4年生

101118_1143~01.JPG
「アイウエ王とカキクケ公」
武井武雄・原案 三芳悌吉・文と絵
(童心社 1982)

温厚なアイウエ王の治める王国が、欲深なカキクケ公国に
占領され、王はタチツテ塔に幽閉の身となる。
人々は高徳のサシスセ僧に作戦を相談して、
ナニヌネ野で公国と戦う…
五十音のことばあそびが楽しい、レトロな雰囲気の本。
(学校図書館に所蔵あり。E-み)
                       (下)

「おおきな木」
 シェル・シルヴァスタイン 作  村上春樹 訳

りんごの木は 最初から最後まで1人の少年に
何かを与えつづけます。
何もなくなっても 木はそれでしあわせでした。
りんごの木から あなたは何を感じますか・・・
                       (佐)

posted by ぶんこ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010.11.18 3年生

2010102210570001.jpg
「ものぐさトミー」
 ペーン・デュポア 文  絵松岡亨子 訳
 岩波書店 1977

トミー・ナマケンボは、電気じかけのいえに、
すんでいます。
あさ、おかのむこうからお日さまがのぼり、窓じきいがあたたまると、
トミーのベッドは、自動的に動き出します。………
さて、トミーは?
電気じかけのいえの居心地は?
わくわくはらはらの楽しいそしてちょっと怖い話。
                        (徳)

「えほんをよんで、ローリーポーリー」
 リリ・シャトラン:文 ロジェ:絵 徳永玲子:訳
 (ポプラ社 2006)

ふとっちょモンスターのローリーポーリーが
こわ〜い声でおどかすと、こどもたちはみんな
にげて行きます。
あれ?
おんなのこが何かを おとして行きました。
「おりょ、なんだろう?」
                       (金)

posted by ぶんこ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010年11月12日

2010.11.12 2年生

51aN4rafZlL._SL500_AA300_.jpg
「りょうりをしては いけないなべ」
 シゲタ サヤカ 作・絵
 (講談社 2010)

町で一番人気のレストランに、新しいナベが
やってきました。
でもこのナベ、ちょっと困ったナベなんです。
料理中に笑い出しては、中身を ジャバーーー!!
嫌いなトマトやにんじんやエビだけ、上手に選んで
プップップッ!!
大事なお料理をもう何度だめにしたことでしょう。

困ったナベのはずなのに、読むごとに愛しくなってしまいます。

《おまけ》
アラ!よく絵本を見ていたら、ナベ君の他にも、もうひとり困ったひとが…。
いましたよ〜!料理中にお料理を食べている まないた が!
前作『まないたに りょうりを あげないこと』の まないた君 みたいですよ。
                         (鈴)

posted by ぶんこ at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010.11.12 2年生

2010111210170000.jpg
「こかげにごろり」韓国・朝鮮の昔話
 金森しょうさく:再話  チョン・スクヒャン:画
 福音館書店 2002

意地悪な地主は、木かげをひとりじめ。
その木かげを百姓達は、地主から買い取りました。
さて、この木かげ…
                       (石)

posted by ぶんこ at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010年11月09日

2010.11.9 1年生

51aN4rafZlL._SL500_AA300_.jpg

「りょうりをしては いけないなべ」
シゲタ サヤカ 作・絵
(講談社 2010)

町で一番人気のレストランに、新しいナベがやって
きました。
でもこのナベ、ちょっと困ったナベなんです。
料理中に笑い出しては、中身を ジャバーーー!!
嫌いなトマトやにんじんやエビだけ、上手に選んで
プップップッ!!
大事なお料理をもう何度だめにしたことでしょう。

困ったナベのはずなのに、読むごとに愛しくなってしまいます。

《おまけ》
アラ!よく絵本を見ていたら、ナベ君の他にも、もうひとり困ったひとが…。
いましたよ〜!料理中にお料理を食べている まないた が!
前作『まないたに りょうりを あげないこと』の まないた君 みたいですよ。
                       (鈴)

posted by ぶんこ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010.11.9 1年生

2010111210170000.jpg
「こかげにごろり」韓国・朝鮮の昔話
金森しょうさく:再話 チョン・スクヒャン:画
福音館書店 2002

意地悪な地主は、木かげをひとりじめ。
その木かげを百姓達は、地主から買い取りました。
さて、この木かげ…
                    (石)


posted by ぶんこ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010年10月27日

2010.10.27 3年生

2010102711250000.jpg
「となりのまじょのマジョンナさん」
 ノーマン・ブリッドウェル:作  長野ヒデ子:絵
 ながつきるり:訳
 偕成社 2001

私の家の隣に魔女のマジョンナさんが住んでいます。
マジョンナさんの魔法は、みんなを幸せにするのです。
                      (石)

posted by ぶんこ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010.10.27 3年生

101104_1102~01.JPG
「しゃっくりがいこつ」
 マージェリー・カイラー・作 S・D・シンドラー・絵
 黒宮純子・訳
 (セーラー出版 2004)

がいこつが目をさましたら、しゃっくりがでていました。
いきをとめても、さとうをたべても、さかだちして
水をのんでも…なにをやってもとまりません。
そのとき、ともだちのオバケがいいことをおもいつきました。
さあ、しゃっくりはとまるでしょうか?

(学校図書館に所蔵あり E-シ)
                      (下)

posted by ぶんこ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010年10月22日

2010.10.21 4年生

2010102210570001.jpg
「ものぐさトミー」
 ペーン・デュポア 文、絵松岡亨子 訳
 岩波書店 1977

トミー・ナマケンボは、電気じかけのいえに、
すんでいます。
あさ、おかのむこうからお日さまがのぼり、
窓じきいがあたたまると、トミーのベッドは、
自動的に動き出します・・・・・
さて、トミーは?
電気じかけのいえの居心地は?
わくわくはらはらの楽しいそして怖い話。
                     (徳)

「おばけむら」
 文・南部和也 絵・田島征三

あるひなびたむらに 遠くのたくさんのむらの人々が
おばけを すてにやってきた。
たくさんの金銀、財宝を おばけを捨てるかわりに
置いていって、むらは豊かになったが・・・

はく力ある田島さんの絵もおすすめです!
                     (佐)

posted by ぶんこ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010年10月01日

2010.10.1 2年生

100930_1344~01.JPG
「そしたら そしたら」
 谷川俊太郎・ぶん 柚木沙弥郎・え
 (福音館書店 2000)

どこからか あおい ビーだまが ころがってきて
いけに おちた  とっぽーん!
そしたら、そしたら… かばが がばっと でてきて
おおきな くしゃみをした  ぐわーくしょん!
そしたら、そしたら…

つぎつぎおこるヘンなこと!
しまいにはおはなしが最初に戻ってしまう仕組みの絵本です。
後ろ見返しにおはなしを再現した楽しい双六がついています
(普通の双六と違って、なかなか上がれない!どうしてだかは見てのお楽しみ)

(学校図書館に所蔵あり E-ゆ)
                          (下)

posted by ぶんこ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010.10.1 2年生

2010100110290000.jpg
「すてきなバスケット」
 小沢正:作 佐々木マキ:画
 福音館書店 1977

おおかみがすてきなバスケットを手に入れた。
好きな食べ物の名前を言うとバスケットの中から、
その食べ物が出てくる。
でもそのバスケット、最後には…
                          (石)

posted by ぶんこ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010年09月24日

2010.9.24 2年生

2010092411190000.jpg
「どんぶらこっこすっこっこ」
 村上ひさ子:文 丸木俊子:絵
 福音館書店 1999

大きな木のねっこに住む小さなねずみ。
ねっことねずみは、どんぶらこっこすっこっこと川をくだり、
いろいろな動物に出会います。
                        (石)

posted by ぶんこ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2009.9.24 2年生

2010092411190001.jpg
「おまえうまそうだな」
 宮西達也:作
 ポプラ社 2003

アンキロサウルスのあかちゃんのうまそうは、
アンキロサウルスはティラノサウルスをお父さんだと思い込み、
ティラノサウルスになつくのですが…
                       (竹)

posted by ぶんこ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010年09月22日

2010.9.22 3年生

TS2E0048001.JPG
「綱渡りの男」
 モーディカイ・ガースティン 作  川本三郎 訳
 (小峰書店 2005)

ニューヨークの街でいちばん高いビル――
ツインタワーの間にワイヤーを張って
綱渡りをした若者がいた…
同時多発テロで失われたビルにまつわる、
本当にあったお話。

(学校図書館に所蔵あり E-ガ)
                     (下)

posted by ぶんこ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010.9.22 3年生

TS2E0049001.JPG
「かきやまぶし」
 内田麟太郎・文 大島妙子・絵
 (ポプラ社 2008)

修行をつんで尊いはずの山伏が柿を盗み食いしているのを
見つけた地主は、こらしめてやろうと…
狂言のせりふを生かした文章が楽しい、ポプラ社の
狂言えほんシリーズの1冊。
(学校図書館に所蔵あり E-お)
                  (下)
posted by ぶんこ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010年09月09日

2010.9.9 4年生

2010090911120000.jpg
「キスなんてだいきらい」
 作成 トミー ウンゲラ−  作訳 矢川澄子
 文化出版局 1973

朝はやく
ぬくぬく きもちよい ベッドのなかで
パイパーポーはぐうすかぐうのんきにゆめを みていた。
おかしやさんで ネズミをおっかけてる ゆめを。

めざましどけいは けさはならない…
                       (徳)
posted by ぶんこ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度

2010.9.9 4年生

2010090910150000.jpg
「月 人 石」
 乾千恵:作 谷川俊太郎:文 川島敏生:写真
 福音館書店 2003

扉…こころのとびら あけてごらん
猫…おもいでのなかのねこ
風…かぜがきのうをきょうにつなぐ
音…きこえる?とおいおと ちかいおと
                      (石)
posted by ぶんこ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010(H22)年度