2019年07月16日

2019.7.16 2年生

_20190716_125347.JPG
「かとりせんこう」
田島征三 作
福音館書店
(2009.7)

夏が近づくと、どこからともなくあらわれる「か」。ぷーーーんとみみもとにひびくだけで かゆくなりますね。
むかしから、つかわれている「かよけ」のひとつ、「かとりせんこう」を知ってる?みどりいろで、ぐるぐるうずをまいていて、火をつけると けむりがでてくる…。

けむりが もんもん
かがぽとん

さて、どんなおはなしでしょう?

(かめ)



posted by ぶんこ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年07月08日

2019年7月8日 4年生

image1.jpeg


『てんしき』
川端誠 作/絵
(KADOKAWA2019)

ある日、「てんしきはあるか?」と医者にたずねられた和尚が、
思わず知ったかぶりしてしまいう、悲劇と喜劇の落語絵本。
(太)
posted by ぶんこ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年7月4年生

DSC_0771.JPG「かまきりとしましまあおむし」
澤口たまみ・文
降矢なな・絵
(農文協 2014)
かまきりの住みかのニンジンの花に しましまあおむしがやってきて…
(石)
posted by ぶんこ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年07月04日

2019年7月4日(木) 3年生

image1.jpeg


「ウェン王子とトラ」
チェン.ジャンホン 作/絵
平岡 敦 訳
2007年 徳間書店

小学校所蔵あり Eね

人間を憎みながら、小さく弱いものを愛する気持ちを忘れなかった母トラと、強く心優しい少年に育ち、人と獣の世界を結ぶ存在となる王子ウェンの姿を描く、心ゆさぶる迫力の大型絵本。
(太)
posted by ぶんこ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019.7.4 3年生

IMG_0590.jpg「じいさまときつね」(日本民話かみしばい選・おばけがいっぱい)
増田尚子/脚本 二俣英五郎/絵
(童心社 1982)

いたずら好きのじいさまは、峠の一本松のそばで、のんびり昼寝をしていたきつねをおどかして面白がる。
ところが用事がすんだ帰りに、またその峠を通りかかると、まだ明るい時間のはずなのに、あたりがみるみる暗くなって…

狐や狸に悪さをして、仕返しに化かされるという民話がもとになっています。怖いシーンもあって、子どもたちに喜ばれます。

(下)
posted by ぶんこ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年06月26日

2019.6.25 2年生

IMG_0566.JPG「のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト」
三輪一雄/作・絵
(偕成社 2006)

大昔に生きていたアンモナイト。実は、今も深海で生き続けているオウムガイから進化したものだったのです。
進化したアンモナイトは絶滅したのに、オウムガイの方は今も生きているのはなぜ?
たいへん不思議な関係の、オウムガイとアンモナイトについて、楽しくわかる科学絵本です。

(下)




iPhoneから送信
posted by ぶんこ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年06月25日

2019.6.25 4・5組

IMG_0562.jpg「あし にょきにょき」
深見春夫/作・絵
(岩崎書店 1980)

ポコおじさんは、ふしぎなおとこから、みたこともないほど大きなそらまめをかいました。たべたら、とてもおいしいそらまめだったのですが、ひだりあしがどんどんのびはじめてしまいます。
あしは、もりをぬけ、はしをわたり、まちまでのびつづけて…

(学校図書館に所蔵あり E-ふ)

(下)
posted by ぶんこ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年6月2年生

DSC_0764.JPG「ぞうくんのあめふりさんぽ」
なかのひろたか:さく・え
(福音館書店 2006年)
きょうは雨ふり ぞうくんは ごきげん ぞうくんは さんぽにでかけます
(石)
posted by ぶんこ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年6月4・5組

DSC_0764.JPG「ぞうくんのあめふりさんぽ」
なかのひろたか:さく・え
(福音館書店 2006年)
きょうは雨ふり ぞうくんは ごきげん ぞうくんは さんぽにでかけます
(石)
posted by ぶんこ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2019年06月17日

2019年6月17日(月) 4年生

image1.jpeg

「うし」
内田麟太郎/詩
高畑純/絵

いきなり登場する牛の後ろ姿。
うしがふりかったら、うしがいた。
くりかえす言葉が楽しいナンセンス絵本。

(太)
posted by ぶんこ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度