2018年01月23日

2018年1月2年生

DSC_0376.JPG「ショーティーとねこ」
バーナディン・クック:文
小笠原まき:絵
小風さち:訳
(福音館書店 1999)
仲良しのねこが ある日 大きな箱の中に入ってしまい 一緒に遊んでくれません。ショーティーは とまどってしまいます。
(石)
posted by ぶんこ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年01月22日

2018.1.22 4年生

CA3K0745.jpg「ながいながい骨の旅」
松田素子/文 川上和生/絵 桜木晃彦・群馬県立自然史博物館/監修
(講談社 2017)

今から約43億年〜38億年ほど前、地球に誕生した初めての生物に、骨はありませんでした。やがて時がたち、背骨のある生物が現れ、骨のおかげでさまざまな能力を持つようになっていきます。
骨がたどってきた、ながいながい旅のおはなしを読んでみませんか?
興味を持った人には、より詳しい情報が得られるように工夫された科学絵本です。

(下)
posted by ぶんこ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年1月・4年生

DSC_0375.JPG「パンダ」
〜くらべてみよう!どうぶつの赤ちゃん
ますいみつこ:監修
(ポプラ社 2008)
パンダは中国の山奥に群れにならず 1とうで暮らしています。はるにオスとメスが少しの間だけ一緒に過ごします。子供が生まれたあとは、お母さんパンダがひとりで子育てをします。赤ちゃんパンダが独り立ちするまでのおはなし。
(石)
posted by ぶんこ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2018年01月19日

2018年1月 3年生

DSC_0018.JPG「おんちょろちょろ」日本民話
瀬田貞二 再話
梶山俊夫 画

(福音館書店1970年)

あるおとこのこが、みちにまよってやまのふもとにすむじいさんばあさんにとめてもらうことになりました。
こぞうのふりをしてよんだおきょうを、じいさんばあさんはありがたがってまいにちまいばんとなえておりました。
そこへ3人のどろぼうがやってきたのですが…。

(佐)
posted by ぶんこ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2017年12月18日

2017年12月 4年生

DSC_0008.JPG「あたまをなくしたおとこ」
クレール・H・ビショップ 文
ロバート・マックロスキー 絵

(瑞雲舎2011年)

あるあさ、おとこが おきたら、あたまが なかった。
そうだ、まつりに いったんだ。
もういちど まつりに いって、あたまを さがすんだ。

さて、あたまは みつかるでしょうか。

(佐)
posted by ぶんこ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2017年12月4年生

DSC_0331.JPG「あさ」より『朝のリレー』
(アリス館 2004)
谷川俊太郎:文
吉村和敏:写真
カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている………
みんなで声を合わせて読みました。
(石)
posted by ぶんこ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2017年12月15日

2017.12.15 1年生

image1.JPG

iPhoneから送信
posted by ぶんこ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2017.12.15 1年生

image1.JPG「おいしそうな しろくま」
柴田ケイコさく
PHP出版 2017.1.27〜
たべることが だいすきな くいしんぼうの
しろくまは、「たべものの なかにはいってみたら、どんなかんじかな?」 (徳)

iPhoneから送信
posted by ぶんこ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2017年12月 1年生

IMG_20170511_173758.JPG「なにをたべたかわかる?」
長 新太 作

(絵本館2003年)

いろいろたべたので さかなはおおきくなったんだ。
ねこはさかなをぜんぶたべてしまったんだけれど、ねこがたべたのは さかなだけではないんだよ。

なにをたべたかわかる?

(佐)
posted by ぶんこ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度

2017年12月07日

2017.12.7 3年生

CA3K0746.jpg
「茂吉のねこ」
松谷みよ子/文 辻 司/絵
(ポプラ社 1973)

てっぽう打ちの茂吉は、酒のみで嫁の来手がないので、
小さなみけねこをあいてに暮らしていた。
ある日、見知らぬわらしが茂吉のツケで
酒を買っていくのに出くわし、追いかけて行くと、
大勢の化け物たちが集まる野原に出てしまった…

(学校図書館に所蔵あり E-つ)

                        (下)

posted by ぶんこ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017(H29)年度